08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

Menu du Hérisson のお料理紹介

2021.08.08 (Sun)

7月に梅雨が明けてから甲州市勝沼町では気温日本一を奪取する日が幾度か…まあ暑いことは暑いですが、エリソンのあるあたりは標高650mほどなので意外と過ごしやすいんです。梅雨も平均的に明けて雨は少なめ日照は十分な感じで推移しています。今年のブドウはいい出来が期待できるかもしれませんね!

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。

暑い日にはぴったり、見た目も涼やかに。和歌山県産の鯵をマリネにしてから軽く炙って。生姜ときゅうりのさっぱりとしたジュレを添えました。


飼ってるヤギのミルクを使った自家製シェーブルチーズと。甲州市塩山で生産されている貴重な「日本みつばちの蜂蜜」を使ったお料理です。優しいミルクの風味のチーズ、やや酸味があり複雑な味わいの蜂蜜、黒胡椒のピリリのした辛味がアクセントです。
IMG_2186_202108081215066ba.jpg

明石産の天然真鯛のポワレです。目にも鮮やかなグリーンのソースは元気の出るモロヘイヤのソース。夏野菜をお供に。
IMG_2197_20210808121508681.jpg

先日完成した自家製生ハムです。ニンニクの香りをつけトマトソースを塗ったパンと共にどうぞ!
IMG_2203.jpg


13:39  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2021.07.16 (Fri)

バリっと梅雨が明けましたねー。去年あたりはいつまでもグズグズと雨が降っていたのでこうすっきりと梅雨が明けると嬉しい!これからはググッと暑くなりそうなので熱中症などにはお気をつけくださいね。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。

6月から毎朝の日課でヤギ乳を搾っています。一日1リットル弱搾って二日に一回チーズを作るといった感じです。出来立てのフレッシュヤギ乳チーズはほのかな酸味があってさっぱりとした味わい。季節の野草の花を添えたサラダと共に。


先日仕込んだ自家製アンチョビがそろそろ使えるようになってきました。島根県産の天然平目をグリルして。ふわっとした平目の白身の味わいにアンチョビソースの旨味がよく合います。
IMG_2140.jpg

香ばしく焼き上げたフォアグラのポワレ。酸味のある地元産ルバーブと瑞々しい枇杷のコンポートを添えて。
IMG_2132_2021071620582971f.jpg

塩山マル神農園の新玉ねぎのローストです。オーブンで丸ごと焼いて甘味を引き出してから香ばしく焼き目をつけました。少し土の香りのするビーツの鮮烈な色合いのソースで。
IMG_2151.jpg
21:12  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2021.06.14 (Mon)

関東甲信もやっと梅雨入りしたとか。今年の夏は暑いのか?涼しいのか?まだわかりませんね…

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。

フォワグラのポワレ、甘酸っぱいフランボワーズヴィネガーのソース。地元産のルバーブとシェフが周辺で採った桑の実と木イチゴを添えて爽やかに。


程よい脂がある甲州ワインビーフのヒレステーキはとても柔らか。キザンワインを使ったコクのある赤ワインソースで。庭で採った淡竹のたけのこと摘みたての山椒の芽が初夏の味わいです。
IMG_2118.jpg

夏が旬の徳島県産のコチを締めてから軽く炙って。バジルソースと一緒に薄切りにしたコールラビで挟みました。ほんのりと酸っぱいカタバミの葉と花を添えて。
IMG_2083.jpg

これも夏が旬の島根県産マコガレのソテー。ヴェルモット風味のソースと色鮮やかなビーツのピュレで。
IMG_2098.jpg

小さな新じゃがを皮ごとローストしたものと、そら豆のフリット。黒富士農場の卵をふわふわに泡立てたオランデーズソースでお召し上がりください。
IMG_2114_202106141614588d1.jpg

16:47  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2021.05.14 (Fri)

緑もますます濃くなってきて鮮やかさが目に沁みます。暑くもなく寒くもない、この季節の爽やかさは本当に格別です。お皿の上の緑も賑やかになってきました。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。


徳島県産のウマヅラハギノ炙りと肝のソテー、コクのあるイカ墨のソースで。添えてあるベビーリーフは自家菜園産です!


優しい味わいの地元産かぶのポタージュ。真鯛のスモーク。よもぎのケーキ。
IMG_2050.jpg

ワインビーフのもも肉のロースト、地元産赤ワインのソース。付け合わせはシェフが採った山菜と葡萄の新芽のフリットです。
IMG_2070.jpg

脂の乗った徳島県産の石垣鯛のセモリナ粉焼き。旬の野菜とちょっと酸味のある野草のお花がアクセントです。
IMG_2064.jpg

ふっくら香ばしく炙ったハモとウドのマリネ。カキドオシの葉と花を添えて。
IMG_2052.jpg

17:01  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2021.04.20 (Tue)

野菜も魚も山菜も少しずつ季節が進んできました。まだ肌寒い日もありますが初夏を思わせる陽気の日も増えてきましたね。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。


山菜の「ヤブレガサ」のお料理です。しゃっきりほろ苦のヤブレガサヲを自家製のベーコンと共にソテー、黒富士農場の卵を温泉卵にしてソースの代わりにします。スミレの花とかたばみの葉が可憐な彩りに。


冷製のオマール海老のお料理です。海老の風味のムースとプリッと仕上げたオマール海老。山椒を閉じ込めたチュイルをパリッと割って。
IMG_2014.jpg

上品な味わいの甲斐あかね鱒に添えたのは甘酸っぱいウドのマリネ。爽やかな甘夏のソースで。
IMG_2006.jpg

淡路島産の大ぶりの天然平目のポワレ。付け合わせはタラの芽とハナイカダとぶどうの新芽のフリット。
IMG_2026.jpg

リ・ド・ヴォー(仔牛の胸腺)のソテーに地物のアスパラ、ワラビを添えて。アスパラの優しい甘味のソースで仕上げます。
IMG_2020.jpg

ハシリの徳島県産ハモが入りました!白ワインを使って蒸し焼きにして最後に香ばしく炙って仕上げます。ハモが入り始めるといよいよ初夏ですね〜
IMG_2010.jpg

00:34  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT