01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

Menu du Hérisson のお料理紹介

2023.03.27 (Mon)

桜の開花が一気に進み初夏のような暑さかと思えば、雨続きで肌寒さが戻ったり…気候が変わりやすい春先は体調を崩しやすいのでお気をつけください。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

目からも味わいからも春を感じる一皿。山梨県産の甲斐茜マスのスモークとヤギ乳を使った自家製フェタチーズ、そしてタンポポ、種付け花、スミレなどの庭の野草のサラダです。
IMG_0767.jpg

大分県産の天然物平目のふきのとう焼き、自家製のクスクスに春菊のグリーンソースを絡めて。目にも美しい春蘭(シュンラン)はシャキとした爽やかな歯触りです。
IMG_0703.jpg


地元産の何種類かのにんじんを丸ごと焚き火で蒸し焼きに。ほのかにスモーキーさが漂うにんじんの香りや甘さをお楽しみ下さい。
IMG_0708.jpg

甲州ワインビーフのトリップ(胃袋)とひよこ豆のトマト煮。仕上げには自家製のハードタイプのヤギ乳チーズをふわっとかけて。
IMG_0788.jpg

自家製ベーコンを巻いた淡路島産コチのローストは香ばしくてプリプリ。添えてあるのはほろ苦のふきのとうを乗せて焼いたじゃがいもです。
IMG_0773.jpg

15:57  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2023.01.24 (Tue)

10年に一度の寒波がくると騒がしいですが山梨は今のところわりと穏やかです。むしろ今シーズンは雪が少なくてまだ一度も積もるほどには降っていません。全く雪景色ではないので都会から来た方は逆にびっくりするかもしれませんね。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

山梨名産の超ロングな人参「大塚人参」を使ったメニューです。サクサク生地のタルトレットにくるくる巻いた人参、細切りにして揚げた人参、なめらかな人参のアイスクリーム。いろいろな味わいが楽しめます。
IMG_0647.jpg

ふわっとしたリ・ド・ヴォー(仔牛の胸腺)と秋に採った香茸を入れた濃厚なクリームを地元産の縮緬キャベツで包みました。香茸の旨味と香りのソースを添えて。
IMG_0632.jpg

プリッとした淡路島産オコゼのベニエと菜の花。柚子の香りのオランデーズソースです。
IMG_0625_20230124143900ca7.jpg

徳島産のウマヅラハギをスモークにしてからほぐして小さなコロッケに。冬に特に大きく美味しくなる肝のソテーを添えて。
IMG_0636_202301241439034b1.jpg

山梨県富士川町産「甲斐あかね鱒」の低温コンフィです。低温コンフィにすると生の時よりさらに旨味が増すんです。色鮮やかな地元産大根のサラダを共に。
IMG_0622.jpg

14:58  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2022.12.15 (Thu)

ここ数日は朝に霜が降りていることが多くなり冬の到来を実感しています。そろそろ朝夕の道の凍結も心配なのでタイヤ交換も済ませました。気が付けばもう今年も残すところ半月ですね。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

富士川町産の甲斐あかね鱒の自家製スモークです。生魚のスモークは冷燻で行うため冬場しかできないんです。しっとりとした身の旨味とスモークの香りが豊かな味わいです。
IMG_0598.jpg

甲州ワインビーフのパイ包み焼き。パイ包み焼きもなんとなく冬になると食べたくなるメニューの一つです。
IMG_0614.jpg

淡路島産ハモの炙り。ハモといえば夏が旬のイメージがありますが冬越しのためにたっぷり脂を蓄えたハモも美味しいんです。じっくりローストして甘みを引き出した地元産のポワロー(ポロネギ)と共に。
IMG_0603.jpg

ふわっとした食感のリ・ド・ヴォー(仔牛の胸腺)を香ばしくチーズパン粉焼きに。ほんのりとした甘さのカボチャのピュレとサラダほうれん草を添えて。
IMG_0606.jpg

地元産の4種の人参のオーブン焼き。薄く切った人参をくるくると巻きバターでオーブン焼きに。自家製のベーコンのソテーを添え、自家製ヤギ乳チーズを削りかけて。
IMG_0610_202212141523151c9.jpg

21:43  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2022.11.15 (Tue)

11月の声を聞くと庭の樹々が一斉に赤や黄色に染まり、エリソンは早くも落ち葉に埋もれ始めています。樹々の葉がすっかりなくなる頃にはもう冬ですね。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

三重県産サワラのムニエル。鰆といえば読んで字の如く春が旬かなと思いますが三重県のあたりは秋から冬に脂が乗り美味しくなるのだそう。目にも鮮やかなカブの葉のグリーンソースとブールブランソース、季節の野菜を添えて。
IMG_0573_20221115112416be7.jpg

山梨県産の鰻のお料理です。ベルモットの風味で軽く煮込んでから炙って香ばしく焼き上げました。仕上げには国産青レモンの香りを添えて爽やかに。
IMG_0581.jpg

夏前から切り始めた二本の自家製生ハムも残すところあとわずか…これが終わるとまた来年の夏までお別れです😢昨冬に仕込んだ鹿肉の自家製サラミと地元産の白い柿のサラダと共に。
IMG_0558.jpg

徳島県産の石垣鯛を昆布で締めてからごく軽く炙り香ばしさを添えました。自家製の魚醤でマリネした大根のサラダと地元産の食用菊のほろ苦さが秋の彩りです。
IMG_0567.jpg

エリソンの秋の隠れた人気メニュー(?)
地元産のさつまいものベニエはさっくり、ペイザナ中原ワイナリーで拾った栗はほっこり。絡めたペドロヒメネス(甘口シェリー)のソースはどこかキャラメルのような甘さ。仕上げには自家製シェーブルチーズをふわっと削りかけてあります。
IMG_0576.jpg


13:45  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2022.10.04 (Tue)

急に朝夕は寒くなってきて上着を一枚着ないと寒い日が多くなってきました。山梨にお出かけの際は少し暖かめに服装もご用意くださいね!日を追うごとに秋は深まり、食材も秋色を深めています。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

和歌山県産のエボダイを炙って。少しほろ苦いサクラシメジと自家製ドライトマトのマリネを下に、サクラシメジのフリットを上に。同じきのこでも違った味わいが楽しめます。
IMG_0511_20221003124829214.jpg

山梨県産の八ヶ岳名水赤鶏の胸肉の中に鶏のムースと香茸(コウタケ)を詰めてローストしました。閉じ込められたきのこの香りが広がります。一粒添えたペイザナ中原ワイナリーで拾った小粒の栗がさらに秋を思わせます。
IMG_0535.jpg

2年9ヶ月熟成の自家製ワイン豚の生ハムと落合芋のガレット。まる神農園の「落合芋」は山梨に江戸時代から伝わる土着のじゃがいもの品種です。粘りが強くとても濃い風味が特徴。
IMG_0530.jpg

何種類もの天然きのこの旨味が絡み合ったクリームソースを、黒富士農場の卵のふわとろスクランブルエッグ、自家製鹿肉サラミと共に。
IMG_0544.jpg

名残の徳島県産のハモが入りました。香ばしくふわっと炙って鮮やかなモロヘイヤのグリーンソースで。
IMG_0542_20221003124836bfa.jpg

石川県産のキジハタのをパリッとポワレして。スモーキーな香りの焼き茄子のピュレと秋茄子のグリルを添えました。
IMG_0520_20221003124833f73.jpg

脂ノリノリの大ぶりのシマアジをサクサクパン粉焼きに。甘みのあるパプリカソースと丸ごと食べられるミニパプリカ添え。
IMG_0516_20221003124831dd6.jpg

01:49  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT