07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

新しい子やぎがやってきた!

2016.08.01 (Mon)

少し前に子やぎを譲ってもらえることが決まっていたのですが
その子やぎを迎えに行ってきました。
生まれは埼玉県なのですが今回の話を取り持って頂いたのが
清里にある小須田牧場の方だったのです。
牧場の方から埼玉まで迎えにいってくれて一旦牧場で預かって
頂いていたのでそこへ迎えに行ってきました。

ランチの営業を終えて高速を使って向かったのですが、あいにくの雨!
途中激しくなったり弱くなったりする雨の中到着しました。
小須田牧場にはレストランやBBQ施設も併設されていて食事をしたり
乗馬体験をしたりも出来るそうです。
https://www.k-robin.com/


雨が激しくなってきたので牧場主の小須田稔さんにお話を伺いながら
しばらく雨が弱くなるのを待ちます。
IMG_5183.jpg

広い敷地の中には馬がいっぱいいます!
IMG_5184.jpg

雨に洗われた牧草地もきれいですね。
IMG_5186.jpg

少し雨も弱まって来たのでそろそろ行きますか。
IMG_5188.jpg

子やぎとご対面♪
IMG_5189.jpg

4月25日生まれのメスです。元々の角無し個体。
マカロンより丁度一月遅い生まれですね。
IMG_5190.jpg

兄に貸してもらった車に乗せました。
一応ブルーシートとペット用シートでガード。
リードも二本繋ぎ動きにくいようにしました。
IMG_5196.jpg

勝沼まで約一時間、ガンバってね〜!
IMG_5197.jpg

道中少しはごそごそしていましたが割と静か。
IMG_5217.jpg

高速に乗ったら座っていました。もうちょっとで着くからもう少しの辛抱だ!
IMG_5224.jpg

マカロンとのご対面は動画で撮ってみました。
ペイザナの小山田さんと松岡さんも様子見に…。

[広告 ] VPS


まあ、なんとかなりそうかな?ととりあえず今夜から一緒に過ごしてもらう
小屋に入れてみました。
おっ?なんとかなってる?
IMG_5229.jpg

あーマカロンがイジワルしてるー
IMG_5232.jpg

ヤギは群れで暮らす動物なので群れの中に必ず上下関係があります。
初対面ならまずはどっちが上かを決めないとならないのです。
マカロンの方が一月早い産まれだし、この場所に先に居るので
マカロンが上になるでしょうが、お互いにちゃんと確認するまでの
バトルはしょうがないのですよね。
この後は一緒に小屋に入って仲裁しながら新入りちゃんにも充分に
エサを食べさせて上げました。

[広告 ] VPS


日も暮れて来たし一旦二匹だけにして退散しました。
それでも気になるのでしばらくして見に行くと、
まあなんとかなってる感じではないでしょうか?
とりあえずヨカッタヨカッタ。
IMG_5238.jpg


ところで、新入り子やぎの名前は
「マドレーヌ」に決定しました ハ(^▽^*) パチパチ♪

角有り青首輪は「マカロン」(3月25日生まれメス)
角無し赤首輪は「マドレーヌ」(4月25日生まれメス)と覚えて下さいね!
それでは今後とも二匹のヤギ共々よろしくお願いします。

20:29  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2016.08.01 (Mon)

季節のメニューをご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」
お出ししたお料理をご紹介します。
コースの内容は日々変わっていますので、これはある日のお料理です。

大阪中央市場直送の愛媛産「アコウ(キジハタ)」は夏が旬。
パリッとポワレして、地元産夏野菜たっぷりのラタトゥイユと
香り豊かなバジルのソースを添えて。
IMG_5176.jpg

フォワグラのポワレに合わせたのは
地元産のソルダム(スモモの一種)のソースです。
鮮やかな色と酸味の利いた味わいがフォワグラの味わいを
引き立ててくれます。
付け合わせは珍しい大型のオクラ「ダビデの星」と
庭で採った野草のスベリヒユです。
IMG_5166.jpg

徳島産イサキも夏を代表するお魚です。
同じく夏が旬のムラサキウニを合わせ香ばしく炙り焼きにしました。
まろやかなオランデーズソースでお召し上がりください。
IMG_5162.jpg

徳島産のアワビで白ワインと共に蒸し煮にすることで
しっとりと仕上げました。むっちりとした歯触りが美味しい!
彩りの良い夏野菜を合わせ、アワビの肝を使った旨味のある
ソースが良く合います。
IMG_5151.jpg
02:19  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |