10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

エアライフルでキジを撃ちました

2016.11.27 (Sun)

※人によってはグロテスクと感じる表記や写真などがありますのでご注意ください。

11月15日猟期が始まりシェフのキジバト猟はまずまず順調です。
エリソンの周辺では水鳥(鴨類)がほぼ獲れないのでキジバトの他の
主なターゲットはキジになります。
去年はキジを撃てるまでかなり四苦八苦したのですが今シーズンは
幸先よく早速一羽ゲットしました。

使っているエアライフルがエースハンターという割と威力が低い銃なので
確実に首元か頭部に当てないと仕留めるのが難しいです。
去年はシーズン終盤にやっと獲れたのですが今年は落ち着いて狙って
しっかりと確保できました!!

※クリックでぼかしが外れます。
写真 2016-11-22 8 16 39

通常、キジは散弾銃と猟犬などを使ってハンティングすることが多いのですが、
散弾が複数入ったり噛み痕で傷がつく事があります。
エアライフルだと最低限の傷で済むので肉質が最適に保たれるという
大きなメリットがあります。
仕留めるのは難しいですがエアライフルの真骨頂といったとことですね。

キジはニワトリの祖先だけあって白身のジビエで鴨類などの赤身のジビエと
比べると食べやすい印象です。
ジビエの味わいは熟成具合も大きな要素です。
エリソンではジビエ類全体的にそこまで深い熟成はさせていませんが、
それでもキジは他のものに比べるとやや長めの熟成を掛けて
肉の旨味や柔らかさを出しています。
白身のジビエってちょっと地味かもしれませんがキジって本当に美味しいんです。
さすがに日本の国鳥だけはありますね(笑)!
ぜひ一度味わってみて下さい。


山梨県産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)
ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
14:07  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

山梨県産ジビエ、シカ、イノシシ入荷しました。

2016.11.27 (Sun)

11月15日を過ぎいよいよジビエシーズンに入りました。
いつも地元産のシカやイノシシをお願いしている勝沼町の北井肉店さんから
早速入荷がありました。
北井さんはお肉屋さんなのですがベテランの猟師さんでもあるんです。
猟の腕前ももちろんですが、お肉としての処理にも絶対の信頼を置いています。
ジビエは撃った後の処理や解体も肉質を決める大きな要素なんです。

イノシシです。
腰の上から肩までの半身で3kgちょっと。
また小さいので柔らかさは抜群だと思います。
普通、解体のときには骨から肉を外す事が多いのですが、
北井さんはお肉屋さんなので骨を切る道具を使い背骨を割って
骨ごと半身にしてくれます。
こうなっていると熟成をさせるときに骨付きの状態で出来るので
より良い熟成を行う事が出来ます。


シカの背肉です。
骨付きの背肉一本で3kg弱です。
ジビエは年齢、雌雄、時期、大きさなどで個体差が非常にあるものです。
エリソンでは繊細な味わいと柔らかさを重視して、主に若いメスジカをお願いしています。
イノシシとおなじように鹿も骨付きで熟成を行います。
IMG_6044.jpg


山梨県産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)
ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
13:55  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |