07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ヤギのリード新調

2017.08.29 (Tue)

去年の7月にヤギを飼い始めた時から使っているリードが傷んできたので新しく作りました。
一本はかなりボロボロでもうすぐ切れそう!


ヤギは結構力が強いですし、市販のリードを買うと高いので手作りです。
ホームセンターで買ってきたトラックロープ。これを好きな長さに切って使えばOKです。
20mで1500円ほどですから何本でも作れますよ。
IMG_7165.jpg

必要な長さに切ったら端がほどけないようにバーナーかライターで軽く炙って溶かします。
臭いが出るので外でやったほうがいいですね。結ぶと結構短くなるので余裕を持った長さに。
IMG_7173.jpg

強度が出るもやい結びでナスカンに結びます。この金具は去年買ったものですがまだ大丈夫そうなので古いリードから外して使いました。ホームセンターで150円ぐらいだったかな。
IMG_7175.jpg

ぎゅーっと引き締めます。
IMG_7178.jpg

反対側は手で持つので少し大きめの輪を作り二重にして固結び。
IMG_7180.jpg

できたよー!おニューなリードのつけ心地はいかがでしょうか?
IMG_7184.jpg

ついでに、普段係留している時の状態です。
木に巻きつきにくいようにチェーンを使いそこにロープをつなぎます。
IMG_7186.jpg

ホームセンターで量り売りされているチェーンを小さめのカラビナで輪にします。
さらに大きめのカラビナでロープをつなぎロープの磨耗を予防。
係留に使っている少し長めのロープはまだ傷んでいないのでもう少し使えそうです。
反対側はリードと同じナスカンが付いていてリードから付け替えて使います。
IMG_7199.jpg

最近作った木のないところに係留するためのアンカー。
ホームセンターで買ってきた物干し台の足に適当な金具を埋めてコンクリートで固めました。
かなり重いのでヤギの力にも勝てるでしょう♪と思ったのですが、だがしかし本気のヤギには勝てませんでした(つД`)ノ
人がいなくなると人影を求めて引きずって爆走し始めるのである程度見ていられる時限定で使っています。
上に繋いだロープをそのままより、ぐるっと下に回してからの方が少し引っ張りにくいようです。
IMG_7206.jpg
21:06  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ペイザナ中原ワイナリー仕込み続く

2017.08.29 (Tue)

ここ一週間以上まとまった雨が降らずぶどうの収穫日和が続いています。
おかげでエリソンの屋根の補修工事も順調に進んでいますよ〜

数日おきに収穫が続き続々とワイナリーにぶどうが運ばれてきています。
今はまずデラウェアが多いですね。


この回はドメーヌ・ポンコツの松岡さんの仕込みでデラウェアを醸しで仕込んでいます。
通常白ワイン用のぶどうは絞って果汁と果皮などに分けてから果汁だけで発酵を行うのですが、白ワインで「醸し」と呼ばれる手法では赤ワインのように発酵を始めて、数時間から数日経ってから絞るやり方です。
皮や種からの味わいや渋み色などが抽出されて複雑味のある味わいになります。
なのでいつもは収穫後プレス機に投入されるぶどうは徐梗破砕機に入れられタンクへと運ばれていきます。

[広告 ] VPS


また別の日には巨峰の収穫が行われていました。
これもドメーヌ・ポンコツの松岡さんの仕込みで発泡性の「おやすみなさい」になるぶどう達ですね!
IMG_3424.jpg

このままちょっとつまんでも美味しいぶどうです。
IMG_3425.jpg

白ワインを作るように絞ってから発酵に入ります。なのでプレス機に投入、そしてタンクへ!
巨峰はこのまま絞ると薄く果皮の色が出てピンク色の美しいワインになります。
巨峰は黒いぶどうですが醸造用品種に比べて粒が大きいので赤ワインを作るように果皮を漬け込んで仕込んでもロゼに近い薄い色合いの赤になります。
IMG_3427.jpg

もうちょっとで一旦デラと巨峰の収穫が終わりしばらくの中休みを挟んで赤ワイン用品種と甲州の収穫が始まります。
雨が少ない9月になればいいのですが…
01:45  |  ペイザナ中原ワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |