12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ハンティングレポート

2020.01.17 (Fri)

最近はだいたい勝沼の近隣でハンティングを行うことが多いのですが、清里方面に用事があったのでついでに猟もしてこようかと銃を持って行き、私も一緒に出かけることにしました。

最初に、双葉町にある銃砲店でエアライフルの弾を買いたかったので、ヤギの朝の世話をしてからゆっくり目に出かけました。

今年は去年に輪をかけて暖冬で雪も少ないみたいですね。数日前には雪が降ったらしいのですが清里まで来てもほとんど見かけず標高高めの場所の日陰にちょっとだけ残っているぐらいでした。八ヶ岳もこの時期としては雪少ないですね。


こちら方面に来るとこういった稲作用の溜池が点在しています。エリソンのある峡東方面は果樹地帯なので溜池みたいなのはほとんどないんです。
IMG_0500.jpg

池のそばくると鳥に見つからないようのそ〜と近づき居るかどうか確認します。
IMG_0501.jpg

暖かさのせいで結氷している池はないんですが鳥もあんまりいないな…途中で用事も済ませつつ池を車で見て回ります。
IMG_0508.jpg

最後の池でチャンスがやってきました。お見事!


撃った後の問題は回収です。こういったあまり流れのない溜池の場合は水面に近づきやすい場所から波を立て岸に寄せて行きます。後ろにいるのはオオバンなんですがこの鳥は本当に動じず銃の音が聞こえても飛び立ちませんね…?
IMG_0524.jpg

ある程度岸に近づいてきたらお手製鴨キャッチャーの出番。サオに針金で作ったフックと重り兼浮きとして木片をくくりつけてあります。
IMG_0526_2020011712275262f.jpg

こんな具合にエイッと!


うまい具合に引っ掛かったら水辺に降りられる場所まで動かします。


ヒドリガモのメスでした。ネックショットなので身や内臓に傷が付かず良い状態ですね。ここがエアライフの良いところです。
回収したらできるだけすぐに腸だけ抜き取り腹腔内を水で洗って冷やします。ウチでは鳥類は血抜きはしない方針ですよ。処理をしたら保冷剤を入れたボックスに入れて持ち帰ります。この時の工程で肉の美味しさが決まりますから大事なんです。
クリックでぼかしが外れます。
IMG_0534.jpg

遠出をしてきてもあんまり鳥に巡り合わなかったですね。今期はもうこちらにな来ないで近場を回った方が良いかもな〜って感じでした。

山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(3日前までには)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
13:21  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |