08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

日本みつばちの養蜂を見学に

2021.09.05 (Sun)

先日から甲州市塩山で生産されている「日本みつばちの蜂蜜」の取り扱いを始めたのですが、みつばちの飼い方などにすごく興味があったので現場にお邪魔して見学をさせてもらいました。

こちらが巣箱です。いくつかのやり方があるのですが日本みつばちの場合、主流はこのように四角い枠を積み重ねた「重箱式」と言われる方法です。


一番下の細いスリットのところからみつばち達が忙しく出入りしていますね。蜂の巣は箱の上部から出来始め巣が大きくなるにしたがって下に伸びていきます。巣が大きくなって箱が手狭になってきたら下に一段ずつ足して箱を伸ばして行くんです。
IMG_9933.jpeg

日本みつばちを飼うときは基本的に巣箱を用意して自然にみつばち達が入居してくれるのを待つ方式なんです。なのでいかにみつばち達が気に入ってくれる巣箱を用意するかがポイント!主に春に巣別れが起きるのでその時期に上手く入居してくれないと空き家のままということも起きます。
IMG_9936.jpeg

そお〜っとお宅拝見。このように下から見てみつばちの群れの元気さを見たり蜜の溜まり具合を見たりします。順調に蜜が溜まっていたら秋に採蜜を行います。上の段を枠ごと一つか二つ切り離します。残った蜜はみつばち達の冬越しの食糧として。でもみつばち達もなかなか気難しく採蜜までいくのはなかなか大変みたいです。途中で巣を捨てて出て行ってしまったり、スズメバチに襲われて全滅することも…


上手く採蜜出来たらこんな道具で自然に蜜が垂れるようにしてゆっくりと濾して瓶詰めします。加熱殺菌などはしなくても自然の抗菌効果で大丈夫なんです。ただ採蜜する時までにしっかりと蜜が仕上がって糖度が十分に上がっていないと蜂蜜が発酵してしまったりするので、その場合は採蜜を見送って翌年にそのまま持ち越したりします。
IMG_9940.jpeg

エリソンでも少し前から日本みつばちを飼いたいなぁと思っていたのこの巡り合わせには感謝ですね!冬の間に巣箱を準備して来春からチャレンジしみたいな〜なんて考えています。まあ収穫まで行くのは何年先かわかりませんが。
16:27  |  素材  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→https://rherisson.blog.fc2.com/tb.php/1592-f16806c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |